披露宴:入場〜お色直し
-----------------------------------------
結婚式の記録をすっかり忘れていました!
披露宴開始から記事アップします^^;
-----------------------------------------

いよいよ披露宴開始です。
金鶏の間には、ゲストの皆さんが席につき、司会者のYさんが(たぶん)進行中・・・。
スタート地点で洋髪スタイルの2ショットを撮ってもらいました♪
d0119519_19141522.jpg


d0119519_19154954.jpg今回、入場は音楽に合わせて金鶏の間の渡り廊下(って言うのかな?)を歩いての会場入りを予定していたのですが、外にいると音楽が聞こえないので果たしてタイミングを合わせてくれているのかちょっぴり心配でした。
実際、音楽をかけるタイミングがちょっと遅くて、新郎は少しご立腹(笑)
歩き始めると途端に緊張感が増してきたのか、新郎の顔はこのあたりから強張り始めました・・・あたしの方はまだ「その気」な感じで楽しんでおりました^^;

高砂に着いて、司会者から簡単に新郎新婦のプロフィール紹介。
事前に聞いてはいたものの、ちょっとした質問に応じるのもか細い声になり・・・もう新郎新婦の顔はガチガチに(笑)
親族、お仕事関係の上司・同僚、友人などなど、目上の方が沢山いらっしゃると緊張感があるものですね。
その後の主賓のスピーチが終わる頃まで、会場は緊張感に包まれておりました^^;

d0119519_192025.jpg次は鏡開きです。
色々と考えた末、新郎側の祖父母と4人で鏡開きをしました^^
「金婚」という明治記念館オリジナルのお酒は「50年も末永く添い遂げられますように」との願いが込められたネーミングだと聞き、実際に50年以上連れ添っている祖父母と是非記念にやりたい!とお願いしたんです。
祖母は足があまり良くなくて車椅子だった事もあり、少し心配したものの快く受けてくださったので嬉しかったです^^

記念館の方と相談の結果、当日は樽の台を低くしていただきました。
小槌は結構な重さがあるので、祖父母にとってこの台の高さはとても重要だったと思います。
本来は、ゲストの皆様に見えるように計算された台の高さだそうですが、臨機応変に対応してくださった記念館に感謝☆

この後、祖父にはブートニアを、祖母には籠に詰めたフラワーアレンジメントをプレゼント。
作成してくれた従妹、ありがとう!
祖母の屈託のない素敵な笑顔を見る事が出来て幸せでした^^

そして、新郎側の伯父による祝杯で一気に和やかな雰囲気に・・・。
そうそう、この「金婚」はめちゃくちゃ美味しくて大好評でした。

d0119519_1932716.jpgその後、お色直しの退場まで僅か10分足らず・・・介添えのマキタさんがさりげなくお声掛けをしてくれて、写真を撮るために沢山の方が高砂まで来てくれました。
とにかく写真の嵐!
気がつくと、一緒に退場する実母が横に・・・ああもう時間なのね!

この後からはもう、流されるままに〜〜〜〜という感じで時間が過ぎてゆく事に。
[PR]
by le_temps | 2007-11-08 19:34 | 結婚式:挙式&披露宴当日
<< 披露宴:新郎退場〜お色直し入場 ハートマーク >>