披露宴:お色直し後〜送賓
d0119519_20194546.jpg高砂に着く前にケーキ入刀です!
選んだケーキは、とっても美味しかったそうで(食べられなかった・・・)、パティシエの方が「いちばんのオススメです」と言っていた言葉を信じて良かったです♪
ちょっと、いかにもなスタイルかな?と思っていたのですが、実際には金鶏にとてもマッチしていたみたい^^

この時も写真の嵐で、ナイフを刺したままヘラヘラ笑いっぱなしでした(恥)

その後、席に着いてから新婦の恩師によるスピーチ。
先生のスピーチはとっても素敵で、感動しました。

そんな感動の後は、笑いの時間へ・・・。
新郎のお仕事の先輩がスピーチをしてくださったのですが、なんと石田純一氏からのお祝いメッセージの上映付きでした!
これにはゲストの方もびっくり!!
後日、親戚の人達から「あれ、そっくりさんだったんでしょ?本物みたいだったね〜」なんて言われたり^^;
いえ、本物だったんですよ〜と言うと、改めてびっくりしていました(笑)

披露宴後半も写真撮影は尽きる事がなく、新郎は2口3口、新婦にいたってはりんごジュースを1口しか頂けず・・・お料理に触れる事すら出来ずに終わっちゃったんです!
あ〜食べられなかったのが本当に悔しかった(>_<)
あれって、お願いすればお持ち帰りできたみたいなんですよね。
全く気がつかなかったよ〜、勿体ない。。。

あっと言う間に披露宴も終盤です。
あたしの唯一の幼馴染みのSちゃんが、伊勢から来てくれて歌を歌ってくれました。
あたしはいわゆる「転校生」だったので、故郷と呼べる場所がありません。
住んでいた場所が全て故郷とも言えるかもしれませんが・・・転校してもお手紙でずっと繋がってきたお友達。
大きくなるにつれ、距離が出来るのは仕方がない事なのに、Sちゃんとはずっとお手紙で繋がっていました。
そして、大人になってから上京していたSちゃんとの再会。
どうしても、どうしても彼女に歌ってほしかったんですね、今回。
それが実現して本当に嬉しかったです。
本当に本当にありがとう。
彼女は夢を叶えてプロになった人。
その歌声は、ゲストの皆さんにも響き渡り、間奏中も終わった後も盛大な拍手が送られました。

もうこの時点であたしはボロボロ・・・涙が止まらないまま、両親への手紙へ。

d0119519_20365934.jpg冷静に冷静に・・・と思っても、便箋に書かれた文字以外の色んな事までが頭の中を駆け巡り、泣かずにいる方が無理というものです。
隣りでマイクを持つ新郎が途中で覗き込んで笑うほど、グシュグシュになりながらお手紙を読みました。
本当はもっと言いたい言葉もありました。
母が癌を告知された時の事、今こうして健康でいてくれる事、兄弟との繋がりやこの家族が本当に大好きな事。。
だけど、お手紙を書いている時に思ったのは、「ありがとう」の言葉に尽きるなという事でした。

写真のビデオ上映のテーマもそうですが、この披露宴自体のテーマは「ありがとう」だったんですね。
今、こうしてふたりが在るのは、家族や関わってきた全ての人達のお陰なんだと言う事。
結婚式をする事で改めて、知る事ができて本当に良かったと思います。

d0119519_2045039.jpgそれぞれの両親へ花束を渡し、最後に新郎父の挨拶、そして新郎の挨拶で披露宴は終わりました。
お見送りの時の、ゲストの皆さんの温かい表情がとても印象的で、プチギフトを手渡しながら感謝の気持ちでいっぱいでした。

これから新しく、また始まるんだなあ・・・そんな風に思いながら。
[PR]
by le_temps | 2007-11-08 20:46 | 結婚式:挙式&披露宴当日
<< andonand 披露宴:新郎退場〜お色直し入場 >>