カテゴリ:コトバ( 2 )
おねえちゃん
3月13日。
今日は、おねえちゃんの命日。

あたしには、会ったことのない「おねえちゃん」がいました。
生きていたら、あたしの2つ上の姉。


誕生から1週間後に我が子を亡くした、若かりし頃の両親。
きなこを授かって、よりふたりの悲しい経験を理解する事が出来た気がします。

抜けるような白い肌の、綺麗な赤ちゃんだったそうです。

十月十日、お腹の中で育んで、
出産してやっと会えて、
一度も抱く事なく喪うなんて、あたしには想像もつかない。

ただ、
もしも「おねえちゃん」がこの世に生きていたら、
あたしは生まれてこなかったかもしれないわけで、
こうしてこの世に生を受けたから、
きなこもまた生まれてきたわけで。


両親には、感謝の気持ちでいっぱいなのです。


そして、健康でいられる事のありがたさを、常日頃忘れてはいけないと思うのです。
ちいさな幸せを積み重ねてゆける毎日がある事を、感謝して生きてゆこう、とも。
[PR]
by le_temps | 2009-03-13 02:51 | コトバ
言葉を綴るということ。
怒濤の更新・・・暇人です。
なんて。

今、身辺整理の如く、データの整理をしています。
何となく書き溜めてきたものが沢山あって、それは誰かに認めてもらいたいから書いたわけでもなく、言葉を連ねる事が自分の中でとても大切だったから。
そんな言葉たちを、大事にしまう作業をしています。

面白いもので、人生の転機(あたしの場合、大きく分けて3回かなあ)と言うのは後からわかるもので、自分が書いてきた文章を読み返してみると、ちゃんと次に起きる出来事を予感していたかのような事が書いてあったりするの。
書いている時は気がついていなかったはずなのにね。不思議。

どんなに拙い文章でも、言葉にする事は大切なんだなあ。と思う。
こういうブログにしてもそうだよね。
その時その時に感じた事、見聞きした事を文章にしてゆく事は、大切な作業なんだね。

自分の残した文章を、他人事みたいに読むのも面白い。
これは、彼と知り合ってすぐの頃に書いた詩。

d0119519_1214652.gif

「春パワー」

春が好きだ。

ちょうど桜を賞で楽しんで、
花が散った後の新緑の木に、
ちょっとだけ切なさを感じたりするあたりが、特に。

まさに今日みたいな、ぽかぽか陽気で
陽射しが柔らかな午後なんて、最高だ。


新しい環境に
新しい繋がり


なんだろう?
あまり考えずに、自然に任せて

繋がる人とはきっと、見えない何かが働いて
自然に引き寄せられていくはずだと、
なんとなく自然にそんな気持ち。



抜け出せるかも。


ねえあたし、春が大好き。


(2004年4月)

d0119519_1214652.gif

[PR]
by le_temps | 2007-04-27 16:14 | コトバ