カテゴリ:結婚式:挙式&披露宴準備( 23 )
ブーケ&ブートニアについて
d0119519_18244193.jpg■ブーケ&ブートニア他

今回、会場装花以外(持ち込み可能なお花)は全て従妹に作成してもらいました。

・ブーケ(披露宴、二次会用各1)
・ブートニア(新郎:披露宴、二次会用各1、新郎新婦父、新郎祖父用)
・両親への花束
・新郎祖母への花籠
・二次会用ウェルカムボード
・ヘア用の生花アクセ(披露宴、二次会用)

こんなに沢山の準備を、前日深夜まで頑張って作成してくれた従妹には本当に感謝しています。(正確には、従妹の義母との共同作業だったそう)
当日の搬入には従妹父の友人の方が車を手配&運転してくださったりと、色んな方のご協力のもと成り立った結婚式・・・
d0119519_1853081.jpg人との繋がりを改めて感じた本当に貴重な1日でした。

写真は上から
披露宴用ブーケ
新郎ブートニア
新郎新婦父ブートニア
(二次会アイテムは二次会カテゴリでアップします!)

ブーケはラウンド型を希望しました。
d0119519_1825512.jpgシンプルなドレスにしたので、ブーケもなるべく軽めにしたかったんです。

従妹から「身体の幅を超えるサイズは止めた方がいいよ」とアドバイスをもらい、通常よりも小ぶりの作りにしてもらったのですが、これが大正解でした!
どうしても豪華にしたくなりがちですが、身体とのバランスも大切なんですね〜。

それから、新郎のブートニアは本人希望の「とにかくシンプルで!」を叶えてもらい、とてもすっきりと上品に仕上げてもらいました♪
父親のブートニア、こちらはブリザード。(バラのみ)
生花との組み合わせでとても綺麗でした^^
こちらを胸に付けるタイミングも従妹のアドバイスにより、披露宴開始時に。
最後の両親への花束のシーンで付けるのが主流のようですが、父親の出で立ちは比較的地味だし、最初に付けてもらう事で華やかさがプラスされてとても素敵でした〜。
私は、お色直しは中庭から父と入場したので、その時にも父の胸元に付けたブートニアがとても映えて良かったです♪
ブリザードにする事で、小さなプレゼントにもなりました。
[PR]
by le_temps | 2007-09-01 18:06 | 結婚式:挙式&披露宴準備
会場装花について
久しぶりに結婚式の記録を書こうと思います〜(笑)

今回はお花関係を・・・。


■会場装花について

d0119519_161449.jpg明治記念館は、会場装花は持ち込み不可なので、プラン内もしくは追加料金でお花の差し替えやボリューム調整をしなければなりませんでした。
結婚式が3月だった事、もともと思い入れの強いお花だった事もあり、本当は桜をどうしても入れたかったのですが、桜を入れる事でプラン内料金の1/3程upした見積もりが出て来てしまい、散々悩んだ挙げ句断念しました(涙)

他に希望していた芍薬も時期外れでNG。。。

メインテーブルよりも、各テーブルにセッティングするお花の料金の高い事にびっくり!
プラン内料金で色を変えたり同等のお花に変える事が出来ても、限界があって・・・ここでいちばん苦しかった(?)のは、ダンナサマにとってお花は重要でなかった事・・・。
予算を抑える項目リストに入っていたくらいでした(>_<)

唯一救いだったのは、金鶏の場合、長テーブルにセッティングする個数が少ない事。
招待人数が最終的に79名になった事で、スペースが更になくなってしまったのもあって、そんなにお花のボリュームは必要なくなりました。

そんなわけで、結局はプラン内で済ませる事になりました。
カラーイメージは白中心だったので、メインを白にしてもらい色味を少し足す感じで・・・。
ここで失敗点がひとつ。
あくまで白×グリーンにしたかったのですが、担当の方に「差し色があった方がいい」と強く勧められ、ピンクを足してもらったのです・・・赤にするべきでした!
なぜピンクにしたかと言うと、ブーケが白×ピンクだったから。
ピンクはピンクで可愛らしかったのですが、黒引き振り袖の差し色=赤に合わせるべきでした。
これは今でも後悔・・・ホント、後悔しているのは会場装花くらい。。

この装花、お持ち帰り出来るのですが、テーブル用の物には盲点が・・・。
このお花、かなり短く切られていて、しかも長さが均一でないので、よくレストランウェディングなんかであるような、帰りにはミニブーケにしてゲストに渡す・・・のが難しいのです!
これにもショックでした。
「ビニールにお入れしますよ〜」と言われた時には、ありえん!と思いましたもの(苦笑)
もちろん、台は持ち帰れません。

私達の場合は、全てまとめてもらって持ち帰りました。
そして、二次会のゲストに渡しました。
従妹やお友達が二次会会場の控え室で、小さな花束として作り替えてくれたのです・・・感謝!

メインテーブルの装花も二次会会場に持って行きました。
タクシーのトランクにちょうど入る大きさなので、女性でもなんとか移動出来ると思います!
(私達の時は、従妹に託しました。)
こちらは、台がないと持ち運べない大きさなので台の料金が¥525かかりましたが、二次会に流用できたのは良かったです^^
サイズもちょうどぴったりだったし♪
ちなみに、明治記念館の方で二次会用に作り替えて頂く事も可能で、その場合は¥3,150だと言われました。
[PR]
by le_temps | 2007-09-01 17:54 | 結婚式:挙式&披露宴準備
結婚式当日のスケジュール
d0119519_243816.jpg
なかなか結婚式の記録が更新できません・・・(>_<)
今、お仕事が終わったのでひとつだけアップしようと思います。

ようやく辿り着いた、「当日のスケジュール」。

以前の記事にも書いたように、
・挙式は、鬘&角隠し(黒引き振り袖)
・披露宴は、①洋髪(黒引き振り袖) ②洋髪(ウエディングドレス)


という衣裳とヘアメイクのチェンジを希望していたため、挙式後の中庭での歓談がNGだと言われていました。
通常は、挙式後にスタジオで集合写真を撮ってから、中庭に出て歓談・・・時間になったら披露宴開始・・・となるのですが、洋髪にチェンジするためには、歓談をなくさなくては時間的に無理なのですね。
どんなに急いでもらっても、15〜20分近くは必要なのです。。

ここは本当に悩みどころだったけれど、どうしても洋髪チェンジをしたかったので、最初は披露宴後に中庭に出たいと申し出ました。
送賓(お見送り)を室内の出入り口ではなく、中庭への出入り口にしようと考えたのです。
現に、明治記念館に何度か足を運んだ中で、そうしている披露宴をいくつも目にしていたので、出来るものだと思っていました。
予想どおり、担当の方からOKをもらいました。良かったあ〜。

が、なんと。最終打ち合わせの日に突然、「披露宴後は中庭ではなく、出入り口の方でお願いします」と言われてしまったんです!
これには、めちゃくちゃショックを受けました(涙)。
だって、もう最終段階・・・頭の中でのシミュレーションもとっくに済んでいたんだもの。

理由は、"日曜日は組数が多いので、午後になると中庭がごった返してしまう"でした。
挙式後の歓談〜披露宴、という流れが基本にあるので、あたし達の披露宴が終わる時間と歓談の時間で中庭に来る方達がバッティングしてしまう、との事。
そんなの、うまく誘導すればいいじゃないか!!!
彼は明らかに機嫌が悪くなり、ちょっとコワイ人と化し(笑)、担当者の方は平謝り・・・。
最終打ち合わせの、本当に最後の最後でそんな暗い雰囲気でいっぱいになってしまったのでした。

だけどね、その後、介添えをお願いしているマキタさんが、機転を利かせてくれたのです!

・挙式後の集合写真の後、中庭を通って控え室へ移動しましょう
・その「途中」で、親族のみになるけれど集合写真を撮りましょう
・時間がないのは確かなので、私(マキタさん)が皆さんをまとめます!
・もしも、ご友人の方が早めにいらっしゃれるなら、時間をお伝えしてお庭に来ていただいてください
・披露宴前に、金鶏の外に金屏風を立ててご両親と写真を撮りましょう


結果、友人とは中庭で写真は撮れませんでした。
だけど、披露宴後に彼とあたしは中庭に出て、午後の逆光が綺麗な中沢山写真を撮る事も出来ました^^
たぶん、その時にちゃんと友人も連れて行ければ、皆んなで写真を撮る事は全然可能だったと思います。
(あたし達の場合、友人に伝えるまでの余裕がなかったんだけど^^;)

披露宴前の中庭での写真タイムは、正味10分くらいだったけれど、彼方の親族とあたし方の親族と、それぞれの集合写真も撮れたし、洋髪にチェンジしながらも叶えられて満足でした^^
この時にも、友人に時間を伝えておけば、少しの時間は確保出来ると思います!

たぶん、洋髪チェンジを希望している方は、皆さん歓談が削られてしまう事を危惧していると思いますが、担当の方に熱意が伝われば、出来る限りの対応はしてくれると思いますよ〜。
あ、でも、披露宴の時間によるかもしれません。
午前中に挙式の方は、可能性大だと思います。
午後からの方は、土日はやっぱり厳しいかも・・・。
あと、あまりに凝った洋髪スタイルだと、時間が多くかかるかもしれないですね^^;
ヘア担当の方とも作戦会議した方が良いかもしれません。
あたしの勝手な印象ですが、記念館のスタッフの方はとても親しみやすい(良い意味で洗練されすぎていない)方が多いので、相談に乗ってくれると思います^^

あ、それから、披露宴前にはどうしても居合わせる事は不可能なので、来賓のお迎えは出来ませんでした。
だけど、洋髪チェンジするなら、お迎えはしない方が良い気がします。
お迎えの時に皆さんに見られてしまうよりも、入場の時に初めて見られる方が「おお〜っ」と反応がありますよ☆


------------------------------------
7:50 新婦ご来館
8:50 新郎ご来館
9:20 旧表玄関にて撮影:友人カメラマン(事前申し出が必要です!)
9:30 新郎・新婦写真撮影:記念館スタジオ
9:50 儀式参列者ご来館
10:00 控え室にて親族紹介
10:10 儀式次第ご説明
10:30 挙式
10:50 集合写真撮影:記念館スタジオ
10:50 受付係、司会者ご来館
11:00 中庭にて、写真撮影&プチ歓談
11:10 来賓ご来館
11:15 新婦洋髪にヘアチェンジ(大急ぎです!)
11:35頃 金屏風前にて写真撮影
11:40 披露宴開宴
14:10 披露宴お開き
------------------------------------

これで、当日の流れは完了です!
[PR]
by le_temps | 2007-07-02 02:44 | 結婚式:挙式&披露宴準備
エンゲージ&マリッジリング
結婚式の準備記録、なかなかアップし終わりません^^;

今日は指輪の事を☆

結婚式の準備を始める前、昨年7月に入籍した彼とあたし。
初めて両親に挨拶したのは、春先でした。
まずは、あたしの実家に彼が来てくれたのが3月半ば。
そして、その翌週に彼の実家に伺って結婚の意志を伝えたのでした。

その後は、あっと言う間に話が進み、4月に彼から正式にプロポーズされて、5月の半ばに品川の高輪プリンス内にある和食 清水さんで顔合わせをしました。
ホテル勤務している彼のお友達が、色々とお世話してくれて本当にありがたかったです^^

d0119519_1035542.jpgこの顔合わせの時に、両親へのお披露目を兼ねてエンゲージリングを指に填めてもらいました。

リング探しは1日だけでした。決断するの、結構早かったです☆
銀座のお店を数軒回って、別のお店で仮予約した後にふらっと立ち寄ったcartierでこのリングと出会いました。
シンプルでいて存在感があって、もちろんとっておきなのだけど、普段でも填められるもの。
どうしても一粒ダイヤが良かったので、普段使いと言う点では気に入ったデザインがなかなかなかったのだけど、このリングはひと目惚れでした。
縦爪なんだけど、ダイヤがそんなに飛び出ていないの。
横から見ても、台のラインがとても綺麗なんです♪

顔合わせ当日、深紅の箱は深紅のペーパーに包まれていて、リボンではなくcartierのロゴの形をした鑞で留められていました。
それを開ける時のドキドキ感と、両親の嬉しそうな顔、今でも鮮明に憶えています^^

d0119519_10482830.jpgそして、マリッジリング。
エンゲージリングを見に行った時、同じくcartierですでに決めていました^^
彼の希望は、細くて華奢なリングは嫌!だったので、このリングはそんな彼も納得♪
確かに、男性の指に細いリングはバランスが難しいですよね。
本当はね、エンゲージリングとの重ねづけを考えると、細いリングの方が良かったのだけど、マリッジリングは毎日身につけるもの、彼の希望を優先する事にしました。

実際、このリングにして正解でした☆
エンゲージリングとの重ねづけはかなりボリュームが出るのだけど、シャープなデザインが引き立って貧弱なあたしの細い指を逆に綺麗に見せてくれています^^

ちょっと揉めたのは、刻印です。

エンゲージリングには何も入れませんでした。
理由は、サイズが小さいため、文字数が少ししか確保出来ないから。
そして、彼曰く「ダサイ」との理由で却下。。。
ショップの方も「エンゲージリングには、あまり入れない方が良いですね」とおっしゃって・・・。
価値が下がるんですって。

そんな事があったので、マリッジリングはどうしても入れたかった!
だけど、ここでもやっぱり「サイズが小さい」ため、文字数が足りなくて^^;

"2006 ○○ to ○○"とお互いのファーストネームを入れる事に。
本当は日にちまで入れたかったんだけど、仕方がないよねえ。
でも、これはこれでシンプルでいいでしょう?

マリッジリングは、入籍日の朝、区役所に結婚届を出しに行く前にお互いの指に填めました^^
なんだか感慨深くなって泣いちゃったのでした。
「これからよろしくお願いします」
そう言って夫婦になってから、もうすぐ1年です。
[PR]
by le_temps | 2007-06-20 10:59 | 結婚式:挙式&披露宴準備
ブライダルエステ&ネイル
d0119519_2038973.jpgお仕事は辞めていたものの、準備やら何やらで知らないうちにストレスがかなり溜まっていた2月。。
彼が「エステに行っていいよ」と言ってくれて、久しぶりに連絡したのがLesanges(レザンジュ)でした。
ここは、昨年の春くらいまで・・・1年半くらいかな?通っていたエステサロン。
フランスのMATISを扱っているお店でね、このMATISライン、めちゃくちゃいいのです!
PCを使う仕事ゆえ、お肌はストレスで酷いものだったのに、どんなコスメも解決してくれなかったお肌のトラブルをMATISが甦らせてくれたほどなのです。
とーっても良いだけにリッチなものでもあるので、ここ半年くらい使っていなかったの^^;
なんだか、独身時代と同じように贅沢出来なくて・・・。

MATIS店長のMさんは久しぶりに連絡したにも拘らず、とても喜んでくれました。
で、特別にブライダルエステのコース(シェービングを含めた計4回)を組んでくれたのでした。
当日には電報も打ってくれて・・・嬉しかった!

やっぱり、知っているサロンだと気持ち的にも楽で、久しぶりのエステは至極の時だったなあ。
ただ、言われちゃったのは・・・「お肌、ひどくなっちゃいましたね(>_<)」。
ううう、わかる?そうだよね?
MATISライン、また使いたいな・・・。
お仕事を復帰したので、そろそろまた使おうかと密かに考えています(笑)

d0119519_2048923.jpgそれから、ネイル。
ネイルは信頼しきっているネイリストのお友達にお願いしました^^
彼女は今フリーでやっているのです。
結婚式の前日にうちに来てくれて、おしゃべりしながら素敵なネイルを完成させてくれました♪
記念に残せるチップにしてもらおうかとも思ったけれど、結局スカルプチュアに。

あたしはフレンチネイルが大好きなのだけど、彼女曰く「着物にフレンチだと、指先がきつく見える」との事で、今回は違うものに・・・。
希望は、"透明感"。
微妙な色合いを幾つか提示してくれた中で、桜貝のようなうっすら色の付くネイルにしてもらって、3Dで桜を施してもらいました♪
婚約指輪&結婚指輪とのバランスも考えて、敢えて2本だけに。

もう〜、ネイルってやっぱり楽しいよね。
結婚前はネイルアートを楽しんでいたのだけど、お料理をする事を考えるとなかなか機会がなくなってしまって^^;
久しぶりの指先に、もうニヤニヤしてしまって大変でした(笑)
[PR]
by le_temps | 2007-06-05 20:57 | 結婚式:挙式&披露宴準備
衣裳選び:ドレス編3
1月の終わり頃だったかな・・・まだ触れていないけれど、二次会の準備も加わってバタバタしていた頃。
二次会での衣裳をどうしようか、とても悩んでいました。
記念館で決めたウエディングドレスだと、裾をかなり引きずるので二次会では着られない・・・。
そこで、何軒かレンタルドレスショップを巡りました。
だけど、なかなか見つからない!!!
衣裳が決まらないっていうのは、思った以上に精神的によろしくなくて(笑)、かなりソワソワした日々が続きました。

二次会だけのために、そんなに衣裳にお金を掛けたくないし・・・
最後の賭け?で行ったお店がDRESS BLACKさんでした。
こちらはレンタルドレスは扱っていないのだけど、かなりお買得価格で購入出来るドレスショップなんです。
デザインも比較的シンプルなものが多くて、小物も充実しているの。

d0119519_22355837.jpg入った途端に目に入ったのがこのドレスでした。
一緒に来てくれていた彼も、同じ気持ちだったみたい。

『これ、いいね!』

このドレスなら、二次会だけじゃなくて披露宴でも十分対応出来る!
しかも、当初の「金鶏に合ったドレス」のイメージにぴったり!!
金鶏の間は長テーブルのため、あまり歩くスペースがないのです。
長テーブルが7列の予定だったので、スペースはギリギリ。
実は、決めたドレスもそこが引っ掛かってはいたんだよね・・・
裾が長いタイプも素敵だけれど。でも。

恐る恐る?あたしの母に電話をして・・・翌日に一緒にお店へ行きました。

『あら、いいじゃない〜♪今まで見た中でいちばんいいわね!』

d0119519_22374674.jpgえ?????
後で報告した時、彼もびっくりしていました(笑)
あんなにすんなりと気に入ってくれるとは思わなかった^^;

何はともあれ、問題なくドレスを変更する事に!
これで、披露宴と二次会で着回せる事になったのでした。
ちなみに、別売りのコサージュを使うと、何種類ものスタイルを作る事が出来てとても便利なこのドレス♪
披露宴ではシフォンを1枚たくし上げてコサージュでサイドに止め、
二次会ではバックスタイルでシフォンをたくし上げてコサージュを真ん中で止めよう!
と、お店のスタッフの方と盛り上がりました^^

コサージュの他に、ティアラとネックレス&ピアスも購入☆

トータルでも、記念館の50%offのレンタル料より安かったです^^
(3月は、衣裳のレンタル料が50%offなのです、時期によって%は変わりますよ)
ただ、この時点でレセイエでのキャンセル料が発生してしまっていたので、そこは目をつぶる事にしました・・・
それから、ドレスの持ち込み料が¥10,000ほどかかるので、最終的な金額はトントンになりました(苦笑)
それでも、二次会の衣裳を別に用意するよりは経済的だったし、同じレンタル料を払って購入出来るのも良かったです。
「買っても着ないし」と言うのもあるのだけど、無理矢理使い道を考えれば、将来子供のドレスに作り直すのも可能だし、流行り廃りのないデザインを選んだので使い道はあるかな〜と購入したのでした。

アクセサリーも、個人的にはレセイエであまり気に入ったものがなかったので、こちらで購入出来て良かったです^^
ミキモトのアクセサリー(レセイエでレンタル出来ます)は素敵だけれどね、高いんだもの〜^^;

ティアラは、正面に付けるのは花嫁以外出来なさそうだけれど、付ける角度を変えたりすれば、ちょっとしたパーティーでも活用出来るのです♪
ネックレス&ピアスは、もちろんパーティーで使えるものだし、決して無駄ではないんだわ☆

グローブと下着だけレセイエで購入して、あとは母手作りのベールでドレススタイルの完成!
やっと決まってからは、気持ちもだいぶ楽になりました^^

ちょっとだけ大変だったのは、衣裳の記念館への持ち込み。
持ち込みの日は挙式の3日前と決まっているのだけど、ドレスショップの方から「出来れば手持ちで行った方が良いですよ」と言われたのです。
理由は、シワが付くから。。。
もちろん、記念館に到着次第、レセイエの方で箱から出してハンガーに掛けておいてくれるのだけど、ドレスショップが配送の手配をしてからレセイエで箱から出されるまでの間に、シワになる可能性がある、との事。
DRESS BLACKさんは渋谷の公園通り沿い。記念館までそんなに距離がないので、持ち込みの日に自分で持って行く事にしました。

ここまできたらもう気合いで乗り切るしかない!!!
そんな感じの毎日だったなあ・・・

そんなわけで、ドレスは無事に納得のゆくものに出会えました♪

当日、介添えのマキタさんが小声で言ってくれました。

『こちらのドレス、いいですね^^金鶏にはこういうのがいいんです。大正解ですよ』

その言葉が、とっても嬉しかったです^^
[PR]
by le_temps | 2007-05-29 22:37 | 結婚式:挙式&披露宴準備
衣裳選び:新郎編
自分の衣裳の事ばかりで、新郎の衣裳について全く触れておりませんでした(笑)
と言うわけで、和装と洋装をまとめて書く事にします^^

d0119519_1454186.jpgまずは、和装。
明治記念館の紋服は、オリジナルの黒い衣裳で、とても深くて艶のある品の良い黒です^^
黒引き振り袖もそうだけれど、黒にも色々あるのですね。
袴に関しては、バリエーションが数種類。
黒、青、緑、エンジのライン、太さも細いものと太いものがあります。
その組み合わせによって、だいぶ印象が変わるのも面白かったです。

彼が選んだのは、いちばんオーソドックスなタイプ。
黒&細い線のもの。
太い線にすると、若々しさが強調されるような感じだったけれど、彼はやっぱり王道を好むようです^^
でも、すっきりしていて素敵でした。

d0119519_14542293.jpg(紋服:寿七 6号)

それから、紋。
希望によって家紋を入れる事が可能だそうです(別途有料)。
だけど、万人共通でOK?な紋がデフォルトで入っています。
「丸に違ひ鷹ノ羽」と言う紋だそうです。


次は洋装。
色んなタイプを試着しました。
ハーフコート
ロングコート
ステンカラー
モーニング
タキシード

d0119519_15135942.jpgカラーのバリエーションも凄くて、「えっ誰が着るの!?」というような物もありました(笑)
でも、彼の中では「黒」と決まっていたのですぐに候補は絞られ・・・モーニングに決定!
このモーニング、とっても着心地が良かったみたいです。
生地の肌触りもとても良くて、衣裳自体が本当に軽くて^^
何と言っても、シルエットが抜群でした。
あ、衣裳はスーツの上下と、シャツ&ネクタイ、ベストがセットになっていますよ。

(モーニング:EZブラックモーニング 46 D4T)

ただ、ひとつだけ「どんなものだろう?」という問題点が。

時間帯によって着る衣裳が変わってくるものらしい正装。
披露宴の時間は11:40〜14:10。昼間です。
だけど、二次会でも着回す予定だったので、時間帯が夜に差し掛かってしまいます。
(二次会については、また後ほど・・・)
ここは、担当者の方にも相談しました。
正式には・・・と言っても、厳密に考えなくても良いとの事。
披露宴に焦点を合わせるなら、尚更問題ないだろう、と。

結局、モーニングでゆく事に。

d0119519_15142763.jpgこちらは番外編。
「着るだけね」と言って、白のハーフコートも着たのだけど、それが意外に似合ってしまい、少し揺れていた彼(笑)
試着の時なんて、結構ソノ気になっていた!?
デジカメで撮った写真を見て、彼母や彼妹、あたしの母まで絶賛!そして、本気でオススメしていたのだけど、彼のこだわりが選択を拒みました。
そのこだわりは・・・

何十年後かに写真で見た時に、恥ずかしくないものがいい。

あの頃は若かったからな〜、なんて言う出で立ちは嫌なのですって^^;
今が良ければ、ではなくて、ずっと先になった時に恥ずかしくないものかどうか、が重要だそうで。
彼らしい考え方です(笑)

でも、結果的にはあたし自身もそういう選択になるのですけどね。

あ、でも、この白のハーフコートも素敵でしたよ^^
教会式の結婚式や、洋風の披露宴だったら、良いのかもしれないですね。

----------------------------------------------------------------------------------------------
【持ち出し料金について】
衣裳の持ち出し料は、衣裳代の10%でした。翌日返却でOKなので、他でレンタルするよりもお得だと思います^^
ちなみに、靴や小物は衣裳と一緒に持ち出す場合は無料です。
(小物のみの場合は、料金が発生します)
----------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by le_temps | 2007-05-26 14:54 | 結婚式:挙式&披露宴準備
ヘアメイクリハーサル:ヘアスタイル編
d0119519_18345099.jpgまずは、ドレス時のヘアスタイル。
アップにするかダウンにするか考えた挙げ句、やっぱり結婚式でしかしないであろうスタイルにしたい!と思ったので、アップの夜会巻き風を希望しました♪
ただ、あまりタイトにするのは違う気がしたので、ふんわり&ちょっとルーズな夜会巻きに。

このスタイルで3パターン提案してもらいました。
ひとつは、完全にアップ(右の写真)。
もうひとつは、後れ毛だけサイドに下ろすパターン。
そして、後ろにカールを残す感じ(下の写真)。
後れ毛やカールが目立つ程、カジュアルな雰囲気になってゆきます。
なので、完全アップに決定!
自分に似合う範囲でクラシカルな上品さを求めたかった(笑)
d0119519_18385047.jpg
デコルテライン、鎖骨が目立ち過ぎないかが心配だったのだけど、担当者の方々の「大丈夫!」を信じる事にしました^^

ベールは母の手作り。肩甲骨くらいまでの丈にしてもらって、ちょうどドレスの背中部分にかかる感じに。
付ける位置は少し後ろに。バランス、ぴったりでした♪

ティアラとネックレス&ピアスはドレスと同じくDRESS & BLACKさんのもの。
予想していたイメージ通り^^


そして、和装のヘアスタイル。。。


本当は、リハーサルは洋装のみ(オプション)をお願いしていたので、和装はカウンセリングのみだったのだけど、担当の方がこっそり作ってくれました(嬉)。

明治記念館は、さすが和の結婚式を提案している所なだけあって、雑誌にも載っていないようなヘアスタイルを沢山提案してくれます^^
フォトブックもちゃんとあって、色々と見させてもらえるので、イメージしやすいのが嬉しかったです。
メイク編にも書いたように、成人式のようなヘアスタイルにしたくなかったので、トップにボリュームのあるものは最初から候補に入れませんでした。

成人式のような=トップにボリュームを付けたヘアスタイル

d0119519_19205286.jpgドレス時のヘアスタイルを高い位置のアップスタイルに決めたのもあって、黒引きでの洋髪は低い位置にボリュームをつけようと言う事になりました。
しっとり、上品に。がテーマ^^
このヘアスタイル、結構凝っていてね、右側は上向きに髪を巻き込んでいて、左側は下向きに巻き込んでいるの。
なので、横顔の表情も変わるのです^^
ささーっと作ってくださった担当者の方の手際の良さ、感動ものでした☆

ただ、ここでひとつ注意点が・・・
低い位置にポイントを置くと、「姐さん」みたいになりがち。。
または、地味な印象になってしまいますよね。
成功の鍵は・・・髪飾り。
これはもう、挙式の3日前くらいまで悩みました^^;
このリハーサルの時は、挙式で付ける簪を流用しようと思っていました。
あまりゴテゴテしたくはないし、べっ甲の簪を挿したら素敵だな〜と思ったのです。
挿してもらうと、やっぱり地味。。

結局、挙式の3日前に再度美容室に行って、担当者の方に相談しました。
そして、飾りを生花にしようと決めました。
候補の花は、

d0119519_19372114.jpg1.ダリア
2.アマリリス
3.バラ

※写真は「ダリア」。

色は「紅(あか)」。
明るすぎても暗すぎてもダメ。小物と同じような紅を、ポイントで耳元に付けたい!
でも、生花にはその時期がありますよね。
ダリアは、3月には少し早過ぎました。そして、水揚げしにくい、保ちの悪いお花。。
アマリリスは、ちょうど時期に入ったところ。形が少し縦長(百合みたい)なのと、やはり脆いお花。。
雑誌には、この2種類共とてもよく見かけるのだけど、あれは撮影時だけの事だから問題ないのだそうです。(ブーケも然り。これは予測していなかった・・・)
披露宴中にポロッと崩れたりしたら、シャレにならないっ(>_<)
バラなら、そういう心配はないけれど、何かインパクトに欠ける・・・。

髪飾り用の生花は自分で手配する事にしたので、結構大変でした。
翌日(挙式2日前)に、何軒もお花屋さんを巡ったものの、第一候補のダリアは見つからず・・・
半分諦めつつ、最後の頼みに六本木のU.GOTO FLORISTへ。

ありました!ダリアが!!!

このお店は本当に素晴らしくて、ディスプレイのセンスも抜群だし品揃えも半端じゃないのです。
さすが六本木!
ダリアはただでさえ保ちが悪いお花なので、殆どのお店はそこまでのリスクを負っては置かないそうです。
そんな貴重なお花だけあって、お値段も高価。
でも、代用はもう考えられなかったのだわ。

何種類ものダリアがあったものの、探していた紅のダリアは4本しかなくて。
必要なのは3本。。。
売っていた4本のうち、1本はすでに元気がありませんでした。
ああ、予備がない・・・覚悟をして3本購入。
スタッフの方に細心の注意方法を聞いて、何とか無事に当日を迎えたのでした。

d0119519_19405928.jpgそんなこんなで大変だったけれど、頑張って見つけて良かったです。
当日は大好評でした♪
写真は、当日のヘアスタイル。
3本とも頑張って保ってくれました^^
[PR]
by le_temps | 2007-05-24 18:39 | 結婚式:挙式&披露宴準備
ヘアメイクリハーサル:メイク編
挙式から10日程前に、ヘアメイクのリハーサルをしました。
成約後、数々の雑誌で研究してきたものの、着物のヘアスタイルのイメージがなかなか決まらず・・・
ひとつ絶対に!と決めていたのは、成人式のようなヘアスタイルにはしたくない!!でした^^;
でも、雑誌をいくら見ても似通ったものばかり。
これはもう、担当の方に相談するしかない!と腹を括って臨みました(笑)

まず、メイクについてです。

和装のメイクは、アイシャドウがブルーだって知ってました?(ブルーと言っても薄らですが)
てっきり舞妓さんのように紅かと思っていたのでびっくり!
人によっては寒色系を嫌がるとの事で、その場合は色味を変えてくれるそうです^^

鬘合わせの時にも少し触れたように、水化粧は乾燥するのでNGに。
記念館で使用するファンデーションがお肌に合うか確認。大丈夫。
「女優肌」になるという、某ファンデでした^^
カバー力のあるものを希望して、あとはマスカラ。
記念館のマスカラは、ボリュームアップしないタイプのみだそうで、ボリュームが欲しい場合は持参してくださいとの事。
泣いても落ちないタイプを準備しなくちゃ!

次にリップ。
黒引き振り袖のポイントは何と言っても赤。
着物に負けないように、そして顔色が良く見えるように赤いリップをセレクト。
赤と言っても色んなバリエーションがあるので、お肌に合う色を見つけた方が良いと思います^^
あたしの場合は、あまり鮮やかな赤にすると口が目立ってしまうので(笑)、馴染みの良い色にしてもらいました。

和装メイクはこんな感じ。

次は、ドレス用メイクです。
こちらは、全体的にパールの入ったパウダーをデコルテから肩、腕にかけて付けてもらう事に。
テーマは「キラキラ」です!
でも、子供っぽくはしたくない。品良く、お庭に出た時に陽射しに映えるような効果を☆

アイメイクは、パープルがかったピンクを選びました。
チークは広めに。
担当者の方曰く、「披露宴でだんだん疲れが出て来るから、チークで健康的に見せましょう」。
かなり広範囲に入れられて、ちょっと心配になったけれど、仕上がりはイイ感じに♪
ちょっと体重が落ち過ぎていたのが気になっていたので、輪郭をふんわり見せる効果は抜群でした。

・・・と、メイクはすぐに決定!

た、楽しい♪

と思っている間に、次はヘアスタイルです。
[PR]
by le_temps | 2007-05-24 18:10 | 結婚式:挙式&披露宴準備
お鬘合わせ
明治記念館では、プラン内で"お鬘合わせ"とヘアメイクのカウンセリングがあります。
オプションでヘアメイクのリハーサルもあって、あたしは洋髪のヘアメイクリハを申し込みました。
他に和装のヘアメイクリハ、衣裳も着られるリハもあります。(こちらは写真撮影:前撮りも出来るみたい)

万が一、当日気に入らない状態になってしまったら、全てが台無しになってしまうものね。
準備を進めてゆく中で、色んな決め事に気を取られていたら、自分の支度についての準備を後回しにしてしまっていたあたし・・・。

「自分が気持ちいい状態でいないと、楽しめないっ」

女なんてそんなものでしょ?

"お鬘合わせ"は、挙式日の約1ヵ月前にありました。
お仕事を年末で辞めていたので、年が明けてからの諸々予約は全て平日に。
平日の記念館は静かです〜。
この日は、あたしの他に2組くらいいたのかな?
どちらもお母さま同伴。
ひとりで行ってひとりで「あたし、大丈夫ですかね!?コレ!?」と叫んでいるあたしを、自分の娘と見比べる冷ややかな視線のお母さま・・・女ってコワイ^^;

さてさて(笑)、明治記念館の鬘は、大きく分けて2種類あって、ひとつは昔からある①スタンダードなタイプ。
もうひとつは、②軽量(セミオーダー)タイプ。こちらは、髪のカラー明度がいくつかあります。

①と②の大きな違いは、重量と形。
軽量タイプは、スタンダードタイプの重量の約1/3。
付けてみると一目瞭然!
はじめ、スタンダードタイプを付けてもらった時、頭が後ろに仰け反りました(笑)
顎をちゃんと引いていないと、後ろにもってゆかれそうになっちゃうの。
かと言って、顎を引く事ばかりに集中していると、今度は視線が上目遣いになってしまい怪しい人に・・・^^;

それから、形。
軽量タイプの方が、少し小ぶりで丸みがあります。
小ぶりなので、違和感が少し軽減されて「マシ」な気がしてくるのだけど、本番では角隠しを装着(笑)し、簪を挿すのでバランスが変わってきます。
それも踏まえた上で、自分の体とのバランスを考えるのが良いみたい。
ちゃんと顔立ちや頭の形に合わせて、鬘の高さや幅は調整してもらえますよ〜。

d0119519_920542.jpgこの写真、かなり笑えます。。これだけボカしてもまだ面白いもん・・・
ちょうど彼はロケで数日いなくて、ぼかした写真を写メで送ったんだよね。
「ありえない!」って言いながら(笑)

"ボケててよくわからん。帰ったらちゃんと見せるように"とか何とか言われて、どう誤魔化そうかドキドキしたっけ。あはは。

どうしても、全ズラ状態(スタイリストのお友達によると、鬘のみの状態を言うらしい)のインパクトの大きさに気を取られてしまうのだけど^^;
結局、スタンダードタイプにしました。
決め手は金額(笑)
軽量タイプにすると、金額が約2倍なのだ。
そうそう、ヘアメイクのチェンジは以下を目論んでおりました。

【挙式】 鬘&角隠し(黒引き振り袖)
【披露宴開始時】洋髪(黒引き振り袖)
【披露宴お色直し】洋髪(ウエディングドレス)

ヘアスタイルは、全3種。
鬘でいる時間は、挙式後の集合写真撮影まで。となると、装着時間は約3時間半ほど・・・。
披露宴の半分も鬘だとしたら、スタンダードタイプの重量に耐えられるか不安もあったのだけど、挙式のみだもの、気合いで乗り越えるわ!

当日、スタンダードタイプの重さは全く気にならなかった。
着物の重量やら何やらで、バランスが取れたのかも。
形も、こちらにして正解でした。
着物って面白いね。洋服の感覚で髪型を考えると、バランスが悪くなっちゃうのね。
やっぱり昔からの伝統的な形(明治記念館オリジナルの形だそうです)は、利に適っているんですねえ。

d0119519_9103754.jpgd0119519_911562.jpg

で、次は簪選び。
即決でいちばんシンプルな「ツル」を選びました。
簪もボリュームが色々あるのね、べっ甲の色味も様々。
華やかに見せたいか、シャープに見せたいか・・・もちろん、シンプル主義なので後者。


d0119519_9183147.jpgd0119519_91854100.jpg

もうひとつ、綺麗だったのがコチラの「吉野」。
吉野桜です、素敵〜。蝶々もいるの^^
かなり惹かれたけれど、あたしのテーマは鶴なのだ!と、頑固に鶴で押し通す事に(笑)

次はヘアメイクリハでメイクと洋髪を決めます!
[PR]
by le_temps | 2007-05-18 09:02 | 結婚式:挙式&披露宴準備