カテゴリ:出産( 6 )
出産記録(4)
☆誕生

分娩室に行ってから出産までは、かなり早かったらしい。(自分では全然わからなかったけれど…夫が言うには、30分程だったとか)

促進剤の効果はテキメンで、間隔なんてないくらいの陣痛の波が襲ってくると、頭ではわかっているのに、上手に痛みを逃せない!

『ほら、赤ちゃんも苦しいですよ!長く吐いて~!
声を出さずにやってみましょう!』

無理だよ~!
声を出さないで痛みを逃すなんて、無理!!

呼吸が乱れてしまって、酸素吸入のチューブが鼻に入った。

それでも、子宮口は順調に開いてゆき、気が付いたらいきんでいい時がきていた。

だけど、今度はうまくいきめない。
痛みを逃すより難しい。
あんなにヨガでも練習したのに~!

どうしても、腰が浮いてしまう。
声を出さずにいられない。

何かがバシャッ!と出てくる感触があった。
破水?
あ、でも、いきんでからかな?その前だったかな?
いつ破水したか記憶にないけれど、それを境に「もうすぐ何かが出てくるんだ!」と思った瞬間だった。

『腰を私の手に押しあてて~!ほら、赤ちゃんの頭が見えてきましたよ!!』

『ほんとだ!』

夫のそんな声が聞こえた気がした。

それから数回、陣痛の波と共にいきみ…

『伸びが少し悪いので会陰切開しますね』

手早く切開された。
麻酔はちょっと痛かったけれど、切開の痛みはよくわからなかった。
それだけ、産むことに神経が集中していたのかな?

夫が手を握ってくれている。
ぐしゃぐしゃになったあたしの髪を撫でてくれる。

あたしは声を思いっきり上げながら、必死でいきむ…どうか、もう出てきて!

『次で赤ちゃんが出てきますよ!頑張って!しっかり!』

最後の力を振り絞るようにいきんだ。
吐く息なんて、とっくになくなっていたけれど、いきみ続けた。

『生まれましたよ!おめでとうございます!』

その声を聞いた途端、涙がどんどん溢れてきて止まらなかった。

隣りで夫がニコニコしながら、あたしの涙を拭ってくれた。

手早く処置された赤ちゃんが、あたしのお腹の上に乗せられた。

少し小さめで、だけど手足の長い男の子。

体重:2,668g
身長:51cm

我が子にかけた最初の言葉は、憶えていないけれど、確か「こんにちは、がんばったね」とか、そんなだった気がする。

あたしの処置が終わってから、2時間近く分娩台の上で添い寝をした。

おっぱいをくわえながら、スヤスヤ眠る我が子を見て、これ以上の幸せはないなあと思った。

あたし達夫婦の元に来てくれて、本当にありがとう。
[PR]
by le_temps | 2008-07-15 15:40 | 出産
出産記録(3)
☆陣痛の停滞。促進剤投与。

それから、お昼過ぎくらいまでは順調に陣痛が進んだ。
この調子だと、出産まで結構早いかもしれない、なんて言われた。

この頃になると、次の波がくる手前で、「あ、くる!」とわかるようにもなってきた。
呼吸法だけは!と頑張ってみても、痛みに耐えるので精一杯だった。

分娩室に移動するまでの間、子宮口の開きを何度もチェックされる時の内診も痛い…

だんだん、腰の痛みが増してきた。
どうやら、あたしの骨盤は母に似て狭いようで、余計に響くのだと言う。(ちなみに、母はお産で骨盤にヒビが入ったそう)

夫の両親も到着し、「頑張れ!」と声を掛けていただいても、こんな様子を見られたくなかったなあなんて、頭のどこかで思いながら、痛みと格闘していた気がする。

しばらくすると、夫が助産師さんに呼ばれて部屋を出て行った。

後から聞いた話だと、両親達を部屋から出すためだったそう(笑)

『ご主人とふたりならいいんですけど、皆さんが居ると気が散って陣痛が進まなくなっちゃうのよ^^;』

…平日に両親が揃うなんて、滅多にないらしい(苦笑)

両親達には申し訳ないけれど、確かに夫とふたりの方が気持ちも安定した。


だけど、午後になって陣痛の波が停滞し始めてしまった。
大きい波と小さい波が交互にき始めて、子宮口の開きも6cmのまま…
このままだと、今日中に生まれるか?という感じかもしれない。

午後3時すぎ。
途中経過診察で、院長先生から提案があった。

『促進剤を使いましょうか』

バースプランでは、なるべく自然分娩でゆきたいと希望していた。
だけど、この時はもう体力に自信がなくなりそうな予感がしていたんだ。

夫を見ると、無言で頷いてくれた。

『お願いします』

夫にしがみつきながら、診察室と部屋を必死で往復した。


午後4時過ぎ、促進剤投与。
その直後、嘘みたいに陣痛の嵐になった。
もう、間隔なんてないくらいに。
波が終わると、すぐにまた波がくる。
あっと言う間に、子宮口は8cm大になった。

『今のうちに分娩室に移りましょう!』

分娩台に上がると、院長先生が現れた。
[PR]
by le_temps | 2008-07-15 12:16 | 出産
出産記録(2)
☆入院~陣痛との闘い

『子宮口3cm大、いい感じで柔らかくなってきてますね。入院しましょう』

昨日は1cmだったのに…そんなに早く開くものなんだ…そう思いながら、やっと入院できる事に少しホッとした自分がいた。

陣痛室の準備をしている間に、分娩室で産院が用意してくれた着物式パジャマと下着に着替え。

『あの…夫は仕事に行きましたか?』

『今日は行かなくてよくなったって言ってましたよ。
スーツでいらしてたはずなのに、いつの間にか普段着になってたのよねえ?』

え?

今日は休めないって言ってたのに。

しばらくして陣痛室に入ってきた夫は、お仕事仲間に前もって打診していたらしく、都合をつけて立ち会う準備をしてくれていた。
いつの間にか、車で着替えをしたんですって(笑)

『大丈夫だよ』

そばに居てくれる事が、どんなに嬉しかったかしれません。


入院したのは7時すぎ。
陣痛室に入って一段落したのは8時半くらいで。
通勤中であろう親達への連絡は、夫の判断で10時頃する事に。
後で、「何ですぐ知らせないの!」と怒られたらしいけど(苦笑)

バースプランに盛り込んでいた、アロマの香りが部屋に充満していてとても落ち着いた。
ラベンダーとオレンジのブレンド。
枕元には、可愛らしい匂袋も用意されていた。

音楽は、妊娠中毎晩聴いていた、ソフロロジー式分娩のイメージ音楽。

このふたつのリラックス効果はとても大きかった。


陣痛の波がくる度に、夫が手を握ってくれて。
少しずつ強くなる痛みの中で、この時はまだ、呼吸法を意識しようとか、今までやってきたイメージを実践できていた気がする。

でも、痛い。十分痛い。
助産師さんがたまに様子を見に来てくださる度に、
「そう~、上手ですよ~順調に進んでますからね~」

そう言ってもらえると、とても勇気づけられた。

お昼前には子宮口の開きは5cm大になり、お産の進み具合はかなり早いと言われる。

『良かったな、早いって』
だんだん痛みに耐える事以外のゆとりがなくなる中、夫の言葉少ない励ましが嬉しかった。

途中、あたしの両親、夫の両親が駆けつけてくれたものの、正直居てほしくなくて(笑)
こんな事言っちゃいけないよね?
でも、特に母のコメントがウザくて仕方がなかった^^;

『痛いのよね、ほら、今(痛みが)きた』

『あ、遠退いたわね』

違いますから!!

呑気?に陣痛と無関係の会話が聞こえるのも、かなり耳障りでね、外で話してくれ~!って思っちゃった(笑)


そうこうしているうちに、陣痛の間隔は確実に縮まってきて…
摂れるうちに摂った方がいいと勧められても、昼食はおろか、ウ゛ィダインゼリーやお茶も口にしたくなくて。
気持ち悪くなりそうだった。

『子宮口6cm大になりましたね!赤ちゃんも元気ですよ、頑張ってますから、お母さんも頑張って!』

入院部屋に移動する事になったのだけど、もう辛すぎて歩けない!
車椅子を出してもらい、なんとか移動したのだった。
[PR]
by le_temps | 2008-07-14 20:05 | 出産
出産記録(1)
きなこ誕生から、今日で2週間…早い!
遅れ馳せながら、携帯よりチマチマと出産記録を綴ってみようと思います。


☆出産前日~早朝

あれから、ほぼ8分間隔の痛みが続いた。
それでも、産院近くの和食屋さんでランチを食べ、日用品のストックを買い足すなどしてから帰宅。
夫との車移動でなかったら、難しかったであろう最後の外出となった。

そのまま、陣痛は続き…それでも夜は夫が作ってくれたカレーを完食(笑)
「体力をつけなければ!」とどこかで思いながら、必死で食べた。

シャワーはなんとか浴びられて。
痛みの感じは、完全に肛門付近に集中…波がくると壁に手を押し充てるなどして力を逃さないと辛い。

日付をまわる頃には、声を圧し殺して痛みに耐え続けていた。

とにかく、波の間隔が5分より縮まらないと…

それだけを思いながら。


明け方。
間隔は6分おきくらいに…そして、これ以上自宅で痛みに耐えていたら、ひとりでは産院に行けそうにないかも。と、自分の中のギリギリのところで産院に連絡をした。

『今から来られますか?』
その時、朝6時過ぎ。

7時過ぎには家を出ないとお仕事に間に合わない夫は、集合時間に遅れる旨連絡を取ってくれて、産院まで車で連れて行ってくれた。

『お仕事、行ってね』

それ以外の会話は出来なかった気がする。
そのくらい、痛かった…。
[PR]
by le_temps | 2008-07-14 12:08 | 出産
きなこ誕生☆
d0119519_12443122.jpg

7月1日の17:27に2,668gの男の子を出産しました!

大きなトラブルもなく、安産だったそうです。
が、傷の痛みや貧血、副乳の腫れなどでフラフラです。

沢山のコメント、ありがとうございました!
陣痛の間、とても励みになりました。

仕事の都合を無理矢理つけてまで立ち会ってくれた夫に、本当に感謝しています。

詳細はまた後程書き留めたいと思います(*^^*)
ひとまず、ご報告まで。。

あ、ちなみに今日は結婚記念日です☆
[PR]
by le_temps | 2008-07-05 12:44 | 出産
入院しました!
今朝、入院しました!
子宮口3cm開いているそうです。

今日中には生まれるだろう…との事。
頑張ります!
[PR]
by le_temps | 2008-07-01 08:14 | 出産