やっぱり愛おしい時間
d0119519_7271048.jpg

☆1歳11ヶ月と9日

少し前のモヤモヤした気持ちは落ち着き、きなことの賑やかな日常が繰り返されております。

先週末は実家で1泊し、実父母ときなことの様子を見ながら、いくつも学ばされる事がありました。
「毎日の事だったら、こうはいかないんじゃ・・・?」と思うところもあるけれど、それでも、やっぱり父や母は人生の先輩だな〜と、またひとつ尊敬の念を抱いたのです。

例えば、きなこが愚図っている時。
例えば、きなこが歯磨きを嫌がって、なかなか応じない時。

父も母も、それは根気よく、きなこのタイミングに付き合っていて。
普段、自分が「結構根気強く頑張っている」なんて思っていたのが、いかに甘かったかを痛感^^;

父なんて、声が枯れるまでミッキーの声真似&ミッキーのパペット使いで頑張ってくれて、それでも歯ブラシを口に数秒入れるだけしか達成できなかったのに、後で母に「可愛いんだよ〜^^」と嬉しそうにその時の様子を話していたらしい。。ほんと、頭が下がります。


言葉でのコミュニケーションがまだまだとは言え、ベビーの頃に比べたら格段と意思の疎通ができてきている最近。
あたしの方が、きなこに甘えてしまっていたのかもしれません。
「わからない」と理解しているから、大らかでいられた事が、「わかるだろう」と思った途端に気短になっているようじゃあ、親としてまだまだだよね。

「BROOCH」にあった文章は、そういうことなんだわ


きなこは、断乳してからますます「ママ大好きっこ」になってきました。
最近では、あたしの方が躊躇してしまうくらい、おうちでもお外でも構わずキス攻撃だし(笑)、顔も触りまくってきます。
それはもう、「ボクのもの!」とでも言わんばかりの顔をしながら。
パパがふざけてくっついてくると、本気で引き離されます(笑)

お外での「抱っこ要求」も増えました。
あんよは大好きだけれど、突然愚図って抱っこじゃないと駄目になったり。
もう片手では本気で重いので、ずり落ちてきちゃうのを、必死で小猿のようにしがみついています(笑)
思わず、「重いから無理だよ〜」とベビーカーに乗るかあんよにするか、2択を迫ってしまう事が多かったのですが、出来るだけ応じてあげようと思い直しました。
正直キツいんだけど(本当にベビーカーを押しながらは辛い!)、抱っこしてほしいきなこの気持ちをもっと大事にした方がいいのでは?と。そう思って。


通り過ぎてから気づくのかもしれないけれど、きっときなこが年頃になれば、こんなに息子とラブリーだった時期を懐かしく(寂しく?)思うんだろうな〜。
だったら、今のこの時を思う存分堪能しなくちゃ!(笑)

「ママ、ママ」

あたしに抱きついてくる時のきなこの嬉しそうな顔。
そう、きなこの嬉しそうな様子を見られる瞬間が、やっぱり何より愛おしいのだから。




★ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです^^
子育てブログランキング子供写真ブログランキング
[PR]
by le_temps | 2010-06-09 07:27 | 1歳11ヶ月
<< 日曜日の朝食 浮上 >>